とあるリーマンの筋肉日記

『筋肉は世界を救う』

生活リズムを変えてみた

おはようございマッスル💪

zakiです!

 

 

タイトルの通り、生活リズムを変えたよ!ってお話です。

 

 

 

これまで基本は朝練でメニューをこなして仕事へ行き、帰宅して余力があればストレングスをやったり、だらだらサイクリングや、ながらローラーをする、といった生活リズムで過ごしてきました。

私の職場が比較的飲みの場が多かったり、時期によって忙しくて残業を避けられなかったり、所属部署によっては出張で帰りが遅くなることがあったり。また今後結婚して家庭を持ったり、なんて先のことを考えて、ほぼ確実に時間を確保できる朝にトレーニングを済ませる習慣を確立させておこう!ってのが理由です。

 

GWが明けてから忙しく、朝練の疲れでなかなか集中力が続かずに仕事がしんどいと感じたこともあり、なんとなく実験で朝練をやめて仕事を集中して終わらせ帰宅後にトレーニングする生活に切り替えてみました。仕事もコロナ禍で外に出る機会も無いし、そもそも出張のほとんどない部署に居るし、飲み会もないし、一人暮らしだしええだろうと(笑)

そんなこんなで3週間ほど夜練生活を続けての感想を綴っていきます。

 

 

【メリット】

○仕事の集中力UP↑

1番狙っていたことでしたが、当然朝にエネルギーを使わないので集中力は増します。(朝練しようがしまいが仕事中にダルさは感じるのですが😅)

仕事中に眠さを感じなかったり、階段を上るときに脚が軽く感じたり、眠気覚ましにコーヒーやエナジードリンクを飲む回数が減ったり等、色々メリットがありました。

また、仕事を定時で上がらないとトレーニング時間が減ってしまうことから『何としても定時に帰るんだ!』という高いモチベーションで仕事に取り組めました。

 

○夜ぐっすり寝付ける

朝練生活中は退社後に時間を持て余してダラダラ過ごしてしまったり、その流れでついついウトウト寝てしまって夜中に目が覚めてなかなか寝付けなかったりなんてことがありました。

夜練にすることで、退社後はすぐに栄養補給やトレーニングの準備に取り掛かりトレーニングを済ませて入浴・夕食・家事等を済ませて就寝

という風にダラダラすることなく過ごすことができます。ダラダラすることでトレーニングの開始が遅くなる&就寝時間が遅くなることに繋がるため、きびきび動かざるを得ない、というわけです。

もともとなかなか寝付けない体質(?)だったので夜練でぐったりした勢いでそのまま寝られ、かつ朝ゆっくり起きられるので疲労感もそこまで感じずに生活できました。

 

○オヤツが減った

前述のダラダラしなくなった、ってことにも関連しますが、今まで退社後は夕飯までに少し時間があったのでついつい帰りにコンビニやスーパーでオヤツを買って食べる癖がありました。

夜練をするとなるとオヤツを食べ過ぎると動けなくなるので、そもそもオヤツを買わないようになり、(買ったとしても和菓子やフルーツ程度)経済面でもいいかなと思いました。

 

 

【デメリット】

○早起きが出来なくなった

朝練をしなくなり早起きが難しくなりました💦

そもそも早起きをする理由はないのですが、これによってついてしまった朝ダラダラ起きる癖が週末の起床時間に影響してしまいました。例えばロングライドをしよう、と早めに(5:00〜6:00ぐらい)起きようと思ったのに7:00に目が覚めた、、みたいな感じ。

 

○消費カロリーの減少(?)

朝に代謝をブーストできないので日中の消費カロリーが減った気がします。同じ食事量の場合朝練の方が体重が若干落ちる傾向がありました。仕事中も身体がポカポカする感じがなく、ダイエットの面ではあまりよろしくないかもしれません。もちろんそのおかげで仕事中に眠気やダルさを感じずに集中して作業が出来るわけなのですが、、

 

 

【まとめ】

朝練には朝練の、夜練には夜練のメリットデメリットがあるので、自分のライフスタイルに合わせて決めるのがいいかもしれません。

今回実験的に導入してみましたが、おかげで連休明けに滞っていた仕事もなんとか済ませることができ、当初の目的の効果を得られました。

ただやはり朝のうちに練習を済ませておくと気分的にもスッキリしますし、代謝も上がりますし身体の反応としては朝練の方が良い傾向があります。 

一人暮らしの利点を活かして、仕事が忙しい時は夜練、普段は朝練、という風にリズムを調整しながらトレーニングしていくのがいいかもしれません💪